トップ»ブリブロ»

Archive for the ‘第2チャクラを調整&活かす!’ Category

リアルなあなた

桜がきれいに咲き始めたのにこの寒さ。冬コートをまた出しましたsweat01.gif みなさまこんばんは。

3月ももう終わろうとしています。1月に新年で気持ち新たに!と思いますが4月もまた新しい気持ちに切り替わりますよね。

新年度を迎える準備でみなさまお忙しくされていることと思います。

4月から始まる『第2チャクラを調整&活かす!』。第2チャクラの色はオレンジです。施術後にお出しする第2チャクラティのパッケージもオレンジ。ハイビスカス・オレンジピール・ジンジャー・チコリ・ペパーミントのブレンドです。ドラゴンフルーツの香りで甘く飲みやすくなっています。

チャクラティはみなさま全員に第2チャクラティをお出しするわけではありません。

施術中に「ここのチャクラを元気にしたいなぁ」とわたしが感じたものをお選びしています。人間は生ものですので、その日・その時間によって刻々と変化しています。第2チャクラをヒーリングして活性させてさらにチャクラティで安定させる、というのもアリ!ですが、わたしはなるべくみなさまに楽しみながら施術を受けていただきたいですし、ご自身の弱いところやカラダのクセなど「今ここにあるリアルなあなた」をお伝えしたいと考えています。

『第1チャクラを調整&活かす!』を何度か受けていただいた方も「同じコースなのに毎回感じ方が違う」と感想をいただきました。

それが「リアルなあなた」です。

プレゼントでお渡ししている7種類のチャクラティも1から順番にお召し上がりいただくのもOKですが、テーブルに7種類をならべてみて色や香りで「今日はこれ!」と選んでいただくのもさらにOKflair.gif今日のリアルはどのチャクラ??

zspace.gif

六本木 西麻布 プライベートリラクゼーションサロン アロマ レイキ チャクラ

進化するわたしプロジェクト☆第2チャクラを調整&活かす!

進化するわたしプロジェクト2010第二弾の受付を開始しますheart04.gif

zspace.gif

4月1日から5月15日までは『第二チャクラを調整&活かす!』

第二チャクラはおへそのちょっと下の「丹田」というツボのあたりあります。「自分の本心を感じる場所」といわれています。女性でいうとちょうど子宮にあたり、女性性の向上や宇宙のなかでもっとも創造性に満ちたパワフルな場所です。

女性に限らず男性も女性との関わりにおいてとても関係の深いチャクラです。

zspace.gif

そして腎臓・膀胱・小腸・大腸・副腎に作用しさらに性的エネルギーと関連しています。第一チャクラが生殖器の機能と関連していましたが第二チャクラは次のステップ、「喜びを感じる」「人を夢中にさせる」チャクラです。

zspace.gif

ココロに対するキーワードは無私の愛・感性・感情・官能・親子愛・兄弟愛です。

このチャクラが不活性だと、嫉妬や怒りなどの感情を増幅してしまいます。依存心や誰かに認めてもらいたい気持ちも増します。

うらやましい気持ちを隠してニコニコしていたり、

寂しいけど恥ずかしくていえなかったり、そんな経験はありませんか?

自分の本心を認めることが怖かったり。

そんなココロの状態がカラダに影響を与えていることもあります。

第2チャクラを調整&活かす!ではココロとカラダに正直に、をキーワードにしてトリートメントを行っていきます。

club.gif施術時間130分/所要時間160分 女性20000円 男性24000円

club.gif全身のヒーリング・第二チャクラと共鳴する精油で背面トリートメント・フットセラピー・太もも・下腹部・第二チャクラと関係深い第六チャクラをヒーリング(その方に応じて内容を変更する場合があります)

club.gif7種類のチャクラティプレゼント

club.gifサンダルウッド・ローズ・ジャスミンなどの貴重な精油を使用

自分の意見をしっかりと持ちたい!優柔不断なわたしとは決別したい!自分に自信をつけたい!など、自分を認めて受け入れることをはじめましょう☆そして愛を受け取る力をつけ、喜びを感じましょう☆

zspace.gif

ご予約はメールフォームまたはお電話で受付ておりま す。メールフォームの場合はご希望コースはその他をチェックし、ご意見お問合せ欄に「第2チャクラを調整&活かす!」希望と ご記入くださいませ。

みなさまのご予約お待ちしております。

flair.gifなお、このコースは第1チャクラから順番に行うのが望ましいですが、単発で受けたい・受けたいチャクラの期間が過ぎて しまった などございましたら遠慮なくご相談くださいね。「第2チャクラを調整&活かす!」だけ受けるのも大歓迎です☆

ページトップへ戻る