トップ»ブリブロ»

Archive for the ‘食事’ Category

夏野菜と塩分と

夜半から雨脚が強くなるようです。明日の通勤に影響がないといいのですが。みなさま こんばんはconfident.gif

こんなムシムシした夜はキンキンに冷えたビールをクイッといきたいところですが、なんと、酒豪のわたくし(自分で言うなw)、この半月ほどアルコールを摂ってないんです!

おおげさでした、ごめんなさい、少しは飲んでます。しかし今までの摂取量を考えたら飲んでないと言ってもいいくらいなのです。

なぜか欲しくないんです。具合が悪いから~ではなく、逆に調子がいいからこそ欲しないのではないかと思っています。

 

ここ半年ほど、いつもお世話になっている漢方薬剤師さんに相談をして漢方薬を調合してもらっています。漢方って不思議で、飲んでいくうちに身体が変化していき、それに合わせて薬が変わっていくんですよ。わたくしも最初はホルモンバランスを整える薬を調合してもらっていたのですが、半月ほど前から内臓を温める薬に変わったのです。

『人参湯』という薬です。

これを飲み始めてから胃腸の調子が整った感じがあり、同時にアルコールを欲しくなくなりました。

わたしなりの分析ですが、

アルコールって現実逃避できる飲み物ですよね?酔うとふわふわして嫌なこと不安なことを一瞬忘れられて、気持ちが大きくなって、そして明日の活力になる。

それって、内臓の働きは脳から指令が行きわたるのですから、現実逃避したい脳が内臓に向けてアルコール摂取ー!!と指令を出して受け入れ態勢を作るのではないかと。でももし内臓の働きがよくて脳の指令に対してNO!と言えたとしたら・・・

アルコールはいらない、となるのでは?

飛躍しすぎだと思いますがー、わたくしの身体の中ではそんな攻防があるのではないかと思ったわけです。

人参湯で内臓の機能が整ったことで適量のアルコール摂取で済んでいるということにしておきましょう。

 

で、本題です。

その漢方薬剤師から教わったことです。

夏野菜って身体を冷やす役割がありますよね。スイカ、トマト、キュウリ、ナス、メロン。これらの共通点はなんでしょう?

スイカ・トマトは塩を振って、キュウリ・ナスは浅漬けにして、メロンは・・・生ハムメロン?

どれも塩分と相性がいいのです。

塩は身体を温める作用があるので、身体を冷やす夏野菜を塩分と一緒に摂ることで中庸に持って行っている、バランスを取っている、というわけです。

個人的に生ハムメロンが大好きなのですが、塩分と甘みがワインに合う~ではなくて、バランスを取るおつまみだったのですね。

本題という割に豆意識程度ですみません~。

また豆知識があったらご紹介しますhappy01.gif

食事とお肌の関係

週末は寒さと暖かさが交互にやってきたっ みなさま こんばんはconfident.gif

土曜日は冬のような寒さでしたが、みなさま体調お変わりありませんか?日曜日は春らしいお天気で凍えた身体もとろけましたね☆わたくしは朝からドッグランに行ってきました。デパートの屋上にあるので日差しを遮るものがなく暖かいのですが、芝生やウッドチップではないので照り返しも半端なかったです。

今までならサングラスに日傘に、日焼け止めもたっぷり!で防御しておりましたが、ノンオイルケアに変えてからというもの、ミネラルファンデーションだけでも安心感を持ってお出かけできています。レイチェルワインのミネラルファンデーションSPF27.5PA+++という安心感もありますが、油分によるお肌の酸化の心配がないのが一番心強い♪

さて、少し前の記事で2~3月は絶不調だったことを書きましたが、その時の影響が最近までお肌にでていました。

それは疲労骨折だと知らずに痛みを我慢していたころ・・・歩くこともしんどくて、呼吸するのもしんどくて、お仕事以外はただソファでじっとしていた時、当然お料理をする気にもなれず、だた空腹を満たすだけの食事が続きまして。レトルトとかカップめんとか、これまでのわたくしなら考えられない食事の内容。

でもそんな時ってそんな食事でも満足できちゃうんですよー。栄養満点の食事を求める余裕が身体に無かったのでしょうね。

鎮痛剤と固定ベルトをして、ようやく普通の生活に戻りはじめた頃は、食べているのに動けなかったことで身体がどよんと重たくなっていました。これはヤバい!と野菜・お魚・お肉・豆・海藻などを積極的に摂るように。そう気が付けたってことは身体が元気になってきた証拠ですね。身体も軽くなってきました。

がーっ、

お肌はそういう訳にはいきませぬ。

細胞が生まれて肌表面に出てくるまで約1か月ですから、1か月前の食事で今のお肌が出来上がっています。

flair.gifいうまでも無いかもしれませんが念のため。消化吸収された栄養素は血液と共に全身に流れ、血液中の栄養素をエサに細胞は成長します。きちんと口から栄養を摂取しないと細胞はカスカス。それがお肌を作るとなると、おのずとお肌もカスカスになっちゃいますー。

肌を見ればその方の食生活が分かっちゃうのですよ。ちょっと前のわたくしのお肌を見れば一目瞭然でしたぁ。

ガサガサとパサついて弾力もなく、くすんでいたよなぁ。口には出さずとも、お客様も気が付かれていたでしょうね・・・。

食生活が乱れていたのは2月下旬約1か月くらい。それから食事を改めて3週間。EGFローションのおかげでお肌のサイクル、早まっているようで今は納得のいくお肌に生まれ変わってます!(芽吹く春?絶賛脱皮中でメイク直後はふわふわと粉っぽい感じがしていますがー)

今回の経験で改めて食事の大切さを実感しました。食べたものが、血となり肉となり肌となる。

わたくしの美肌アイテムの食材、サーモンとオリーブオイルとブロッコリー。それに発酵食品をたくさん取り入れて体の中からキレイを作ります!みなさまも栄養満点の食事を心がけましょうね。

美肌に導くお野菜たち

予約日の勘違いって焦りますよねっ みなさま こんばんはconfident.gif

ご予約時間になってもご連絡もなくいらっしゃらない・・・絶対に無断キャンセルなどされないお客様だけに心配になりメールしてみると・・・金曜日に予約したと勘違いしていました!!!とな。幸いにもサロンからお近くの方でしたので30分遅れのスタートとなりました。息もきれぎれにお越しになり、恐縮しっぱなし。いやいや無事でよかったです。

さてさて、美肌に導くお野菜特集でございますー。

空気がこれだけ乾燥していたら・・・当然お肌も乾燥が気になることでしょう。アンネマリーボーリンドをご使用中の方はもちろん、秘密のスキンケア中の方は特に!食事からお肌を作り・守っていきましょうね。

肌にうるおいを保つために摂りたいお野菜ベスト3♪

かぼちゃ・ブロッコリー・にんじん です。

この3つに共通していることは・・・ビタミンAでございますー。

肌の乾燥が気になるときにはビタミン類をしっかり摂るといいのですが、その中でもビタミンAはうるおいをもたらすビタミンと言われています。ターンオーバーを調整してくれるのでみずみずしい健やかなお肌が生まれるのをサポートしてくれます。抗酸化作用もあるので肌や粘膜を丈夫にしてくれる作用も。

上記3つ以外でもビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれていますのでほうれん草や小松菜もおすすめです。

ちなみにビタミンAは油と熱を加えることで吸収力が高まりますので、蒸す・炒める の調理法がいいですよ。

かぼちゃの煮物♪甘くてほくほくしていておいしいですよね。わたしはブロッコリーも大好きなので蒸してオリーブオイルと塩をぱらぱらとかけて食べることが多いです。あと「トマトをオリーブオイルでサクッと炒めて、そこにレンジで蒸したブロッコリーを加えて炒める」っていうのもおいしいんです♪トマトにもビタミンAが含まれていますし、リコピンも豊富ですしね。

ビタミンはサプリメントで摂ってます!っていう声を聞くのですが、サプリメントと野菜ではビタミン吸収率は雲泥の差があります。足りない分をサプリメントに頼るのはいいですが、「お野菜からビタミン」を基本にしてうるうるのお肌を作り・守っていきましょうね~!

 

美肌のひみつ

立秋を迎えて暦の上では『秋』。空模様は夏真っ盛り~。今日も暑かったですね!みなさま こんばんはconfident.gif

暑いときに熱いものを食べるのもいいですよね。わたしは最近ハーブティ用のマグカップをいただきまして、休憩時にはホットハーブティとくるみを♪

冷たいドリンクはゴクゴクっと秒殺してしまいません?ホットドリンクだとゆったりな時間が過ごせます。こんな時間も必要ですね。

くるみには『美肌のひみつ』というサブネームがあるのをご存じですか?えっ、知らない??

 

それもそのはず、わたくしが作ったサブネームですもの。

くるみの主な栄養分はリノール酸・リノレン酸という良質な不飽和脂肪酸。タンパク質です。さらにカルシウム、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンE、 鉄分などビタミン・ミネラルをバランス良く含んでいて、老化防止・体力増強・肌を若々しく保つ美肌効果があります。

3時のおやつや夜中に小腹が空いちゃったわ~なんて時にはおすすめですよ♪お試しあれ!

美容食:夏バテ編

今日はぐっすり眠れたなぁと感じたのは気温が低かったからでしょうね、みなさま こんばんはconfident.gif

本日のお客様はクールビズスタイルでご来店。普段スーツでお仕事されている方にとって、仕事用カジュアル服って難しいですよね。そのお客様はとっても素敵に着こなしていらっしゃいましたよlovely.gif

 

さて今日は美容食について。

この暑さで何を食べたらいいのか分らない、なんにも食べたくない、なんて日ばかり。わたしもつい冷たい飲み物に手が伸びてお腹がゆるくなっちゃいました。

そんなわたしの夕飯は『かつおのお刺身』の出番が多いです。初夏の今が旬ですから安くておいしいのです。

かつおにはビタミンAやビタミンB1・B2が豊富に含まれていて血合いの部分には鉄分もたっぷり。ビタミンAは皮膚や粘膜を丈夫にしてくれたり免疫力をたかめてくれたりします。ビタミンB1・B2は疲労回復効果があります。

かつおのお刺身にはミョウガやショウガ、ネギ、ニンニクが合いますね。この薬味たちはビタミンB1B2の吸収を高めてくれるんですよ。おいしいだけじゃない、それぞれの栄養素をよりよく吸収するための組み合わせなんですね。

これからもかつおの出番は増え続ける模様。みなさまも旬のお魚で夏バテに負けないカラダをつくりましょうね。

食事の摂り方

急激に秋が深まりつつありますね。明日はもっと寒いそう。 みなさま こんばんはchick.gif

鍋の季節到来☆内食推進部としては楽チン料理ができて助かります。土鍋を出さなくっちゃ!みなさんも暖かくしてお過ごしくださいね。

zspace.gif

夏に買い換えた冷蔵庫のエコポイントをそろそろ商品に換えようと思い、カタログとにらめっこ。その前に何ポイントあるのか?どうやって交換するのか?を調べてみたら・・・結構なめんどくささ。

領収書貼って、保証書のコピー取って、リサイクル排出者のコピー取って。ふ~、もっと簡単にしてくれればいいのに。

14000ポイントありまして、ど~れ~に、し~よ~う~か~な???note.gif

ピックアップしたものが全て「肉」でした(笑)

シーズン的にしゃぶしゃぶ・すき焼きにぴったり。

お肉の倍の量のお野菜をしっかり摂ってバランスよくいただきます☆

zspace.gif

zspace.gif

お腹が空いているとついガッツリしたものから食べたくなりますが、

脂っこいものを最初に摂ると、次にお野菜を摂っても油にまみれてしまう。だから最初にお野菜や果物を摂って最後に脂っこいものを少し摂るという考え方があります。

ある女優さんはコース料理を頼んでも、まずデザート(果物)から出してもらうそうです。そしてお野菜。

こうやって食べていくと最後のお肉や揚げ物の頃にはお腹いっぱいになってそうですね。

zspace.gif

食品の食べ合わせや調味料による栄養価の変化も知っておくとよりバランスよく食事ができますよね。

ビックリしたのがトマトときゅうりは食べ合わせが良くないということ。

トマトはビタミンCが豊富ですが、きゅうりにはアスコルビナーゼという物質があり、ビタミンCを壊してしまいます。酢やレモンはアスコルビナーゼの働きを抑制することができるので、一緒に食べるときは酸味のきいたドレッシングのサラダがいいようです。

ふつ~うにトマト&きゅうりのサンドウィッチを作っていたので衝撃でした!

お店で売られているサンドは「トマト&レタス」とか「きゅうり&ツナ」とか、そういえばトマト&きゅうりの組み合わせってないかも!?自炊するときは創作料理もいいけれど、お店のお料理を参考にしてみるのも「食べ合わせ」的にはいいかもしれませんね。

さて、今夜はトマトもきゅうりも冷蔵庫に入っていないので~、夕飯はみかんからスタートです。

ビタミンC☆摂取!

zspace.gif

六本木 プライベートサロン フェイシャル アロマ

これで夏を乗り切ろう!セルフケア 食事編☆

8月ももう終わりなのですね。だからといってすぐに秋が訪れる訳ではありませんが、夜、虫の声が聞こえたような。空耳か??みなさま こんばんはchick.gif

夕方ふらりとお散歩。すーっと涼しい風を感じ少しずつ秋が近づいているのを感じました。昼間はまだ常夏ですけれどね。

zspace.gif

さて今日は

<これで夏を乗り切ろう!セルフケア 食事編☆>です。

夏バテ予防には「お酢」がいいとよくいわれていますね。

お酢の効能は「疲労回復!」

体内のエネルギーが不足すると乳酸が溜まり<疲れた>という症状を感じます。お酢は食物を効率よくエネルギーに変換してくれて乳酸を分解してくれます。だからエネルギーを消耗しやすい夏に積極的に摂取することで夏バテ予防になるのですね。

お酢と同じようにレモンも似たような働きをしてくれます。「クエン酸」という成分があるためです。他には梅干もいいです。

わたしはサラダのドレッシングはいつも手作りでして、シンプルにオリーブオイル+レモン(お酢)+塩の組み合わせ。これまではオイル:レモン(お酢)は9:1を目安に作っていましたが最近はレモンやお酢を多めにしています。さわやかな酸味がカラダに染み渡りシャッキリ!です。

ちょっと味が足りないかな?というときにもお酢をかけると満足できます。塩分摂りすぎの方はぜひお酢をかけて調整してみてください☆

他にはビタミンB1やB2を多く含む豚肉やレバー、納豆、枝豆、豆腐なども一緒に摂ると夏バテ予防になりますよ。

さらに!アルコール摂取するときにもお酢やレモンを一緒に摂ると太りにくいと聞き、

夏バテ予防&脂肪燃焼のためにわかめときゅうりの酢の物をよく食べています。

お酢に含まれるアミノ酸が脂肪燃焼を促してくれ、ワカメなどの海藻類のミネラルは消化吸収の調整をしてくれるのですって。

ということは。。。

お酢は夏だけではなく、1年中必要ではないですか!?(←わたしだけでは無いはず。)

みなさまも積極的にお酢を摂りましょう☆

zspace.gif

六本木アロマ リラクゼーションサロン

ページトップへ戻る