トップ»ブリブログ»

頬のたるみの原因は咬筋のコリ!

頬のたるみの原因は咬筋のコリ!

連休中に植えた野菜やハーブたちがすくすく育っているらしい。次はいつ畑にいけるかな?? みなさま こんばんはconfident.gif

サロンのローズマリーやラベンダーも元気に成長中ですし、アンスリュームは次々に葉と花が出てきて、わたしでも植物育てられるじゃん!と誇らしいのであります。

さて、みなさま、今、どんな姿勢で、どんな表情で、このブログをご覧になっていますか?

猫背で?足を組んで?眉間にシワをよせて?歯を食いしばって?

ちなみにわたくしはブログを書き始める前に調べものをしていたのでたった今まで奥歯を噛みしめていましたっ。この奥歯を噛みしめる癖が顔のたるみにつながるというのに・・・。

咀嚼筋(そしゃくきん)の一部である咬筋(こうきん)は↓

(画像お借りしました)

頬からあごまでの筋肉で、食べ物をかみ砕くときに使われる筋肉です。咬む行為は筋肉が伸びたり縮んだりしますが、奥歯を噛みしめていると筋肉は硬直したままになり、血行が悪くなります。この筋肉のコリでエラが張っているように見えたり、むくんだり、付随している側頭筋まで影響が出てたるみにつながります。

フェイシャルをしていると咬筋がこっている方、とっても多いんですよ。左右で硬さが違う方も多い。お話を伺うと、噛み癖(左右どちらかだけで噛む)や歯切しり、歯の治療中で片方だけで噛んでいる、集中していると歯をくいしばっている、などの理由が分かってきます。

これらは無意識で行われていることですが、無意識にも理由があるのです。奥歯を噛みしめる行為や歯ぎしりはストレスや疲れが溜まっていることが主な理由。

ボディコースのお客様でヘッドマッサージの延長で咬筋をほぐしていると、今までおしゃべりしていたお客様が スーッと眠りに入る なんてこともよくあります。ここの筋肉、リラックスすることと関係が深いのですね。

上記のような癖がある方、自覚はないけれど最近たるみやむくみが気になる方、

まずは奥歯どうしをくっつけない!ことから始めてみましょう。奥歯を離して舌先を上の前歯の裏側にふわっと付けるとこの状態を保ちやすいです。ついでに口角を引き上げて「微笑み」顔をつくるとGOOD!!!頬を引き上げるフェイササイズです。傍からみるとちょっと怖い(?)ので、テレビ中、読書中、料理中、運転中など一人時間にやってみてください☆

そしてストレスや疲れをため込まないことも重要ですから、リラックス時間も作りましょうね。

 

と、自分にも言い聞かせる(笑)大好きなことを仕事にしていても、リフレッシュは必要なんですよね。よーし、畑に行こう~♪

 

咬筋ほぐしたーいと思った方は小顔矯正フェイシャルがおすすめです☆

 

ページトップへ戻る