トップ»ブリブログ»

脚のむくみ・重だるさの原因とは

脚のむくみ・重だるさの原因とは

地球がインフルエンザにかかっているみたいな気温ですね。みなさま こんばんは ブリリアンドロップ セラピストmayuです。もうしばらく高温が続くようですので、水分補給と十分な休息を取って、この夏を乗り切りましょう。

最近のお客様のお悩みとして多いのが、『脚のだるさ・むくみ』。むくんでいるのか、脚の疲労なのか、よくわからないけど『重だるい』そうなのです。

「むくみ」と言っても、全身なのか、上半身なのか、下半身なのか、それぞれお悩みが異なりますね。むくみの箇所によってどこが弱っているのかを探ってみましょう。

icon_cry.gif

・水分はしっかり多めに摂っているのに、トイレの回数が少なく、トイレに行っても量が少ない

・足腰がだるい

・腰痛がある

そんな方は水分代謝を司る「腎」の働きが弱っているからかもしれません。「腎」が弱ると尿の生成がうまくいかず不要な水分を排出できなくなってしまいます。

icon_sad.gif

・全身がむくむ

・食欲がわかない

・胃腸が冷えていて便がゆるい

そんな方は「脾」の働きが弱っているかもしれません。「脾」とは胃腸に相当し、食べたものや飲んだものを身体に必要な物質に変化させて全身に運搬させます。消化がうまくできなくて水分が停滞してしまっている状態です。

icon_sad.gif

・主に上半身、顔がむくむ

・汗がでにくい

・喉が痛く咳や痰ががでる

そんな方は「肺」の働きが弱っているかもしれません。「肺」は体内の水液を輸送・排泄する働きを司っています。水はけが悪い状態です。

 

夏に多いのは「腎」「脾」のエネルギー低下によるむくみではないかと思います。冷たい飲み物や食べ物、エアコンの効いた室内、外気の高湿度。。。この暑さでは致し方ない状況ではありますが、涼しい室内で温かいものを食して胃腸を冷やさないようにすることも必要ではないでしょうか。

 

「腎」と「脾」の働きを高めるツボは足に多数あり、ツボとツボを結んだライン=経絡も足に集中しています。

例えば足裏にある『湧泉ゆうせん』は腎のツボです。

ここを少し斜め下に押すと「腎」の働きがアップします。

内くるぶしから指4本分上にある『三陰交さんいんこう』は「脾」のツボです。

膝方向に押し上げるように刺激すると「脾」の働きがアップします。

お休み前にこの2つのツボをじっくり押してみましょう。翌朝の体調に変化があるかも!?

自分でケアするのは億劫で苦手です、という方は、ブリリアンドロップの要である『フットセラピー』を受けてみませんか??

ブリリアンドロップのボディコースでは必ずフットセラピーを行っています。フェイシャルコースではオプションで承っています。

フットセラピーは足裏からひざ下までのツボ・経絡・内臓反射区を刺激するセラピーです。上記のようなお悩みがある方には「腎」「脾」に関連するツボ・経絡・内臓反射区を中心にマッサージします。痛気持ち良い力加減で行いますので、ウトウトされる方が多いセラピーです。

脳の休息にもなり、慢性的な寝不足や眠りが浅い方にも最適♪

夏バテ気味のお身体をリセットするフットセラピーで健やかな夏を過ごしましょう。

ページトップへ戻る