トップ»ブリブログ»

夏の骨盤

夏の骨盤

梅雨のじめっとさがなくて気持ちのよい日が続いていますね みなさま こんばんはconfident.gif

台風1号の影響で一時梅雨前線が刺激されただけで、本来はまだ梅雨じゃなかったんじゃ??いやいやでも季節は確実に巡っていますし同時にわたしたちのカラダも季節に合わせて動いています。その要である骨盤のお話第2弾。『夏の骨盤』について。

みなさま最近どうでしょ?「むくみやすくなったわ~」とか「汗かくわ~」(←これはいい変化)とか泌尿器系に関わるカラダの変化感じませんか?今はまだ「暖かい」が適切かもしれませんが、これが「暑い」に変わる頃になるとそこに「食欲不振」という胃腸系のお悩みも加わる方が多くなります。

この季節の泌尿器系・胃腸系のお悩みは、カラダに熱がこもってしまうことから起こります。通常は冷房で汗をかけなくなることでひき起こるのですが、今年はどうでしょうか?むしろ汗だくで水分不足で別のお悩みが増えるかもしれませんね。

夏の骨盤は体内の熱を逃がしやすくするために緩み広がった状態です。せっかく骨盤は準備万端なのに生活習慣で熱を逃がしにくくなっていませんか??汗かいてますか?

梅雨前半は汗をかきやすくするために泌尿器系の準備をしましょう。ふくらはぎの内側をさすったり脛骨のキワを母指で押したりして刺激します。

<画像お借りしました>画像にある三陰交というツボは冷えやすいむくみやすい方は少々痛いかもしれませんがココをよ~く押し揉みするとむくみ対策にもなります!

夏本番になると胸のあたりに緊張が出始め胃腸の動きが鈍くなりますので、梅雨後半には足首まで浸かるような足湯で温めたりアキレス腱伸ばしのようなストレッチでふくらはぎを伸ばしましょう。

暑いと汗をかきたくないのが本音ですが、むしろ熱い物を食べたり飲んだりして発汗を促す方がカラダの緊張がほぐれやすく、結果熱を放出しやすくなり夏バテ対策になるんです。今年は節電の夏ですから否応ナシに発汗を促されそうですが、水分補給をしつつ汗と上手に付き合いましょうね。

この季節のフットセラピーは上記のとおり、泌尿器系と胃腸系をしっかり流していきますよ~。ちょっと痛いかも!?

ページトップへ戻る