トップ»ブリブログ»

日焼け止めを付けるときの注意!

日焼け止めを付けるときの注意!

お天気は下り坂。今夜は満月なのに~みなさま こんばんはconfident.gif

 

今日はUVケアについてです。

基本的に紫外線予防は1年中行っていただきたいですが、暖かくなって陽射しを浴び始めるとそろそろかな?と予防を始める方が多いでしょうね。3月から10月ごろまでは晴れていても曇っていても涼しくても日焼け止めをつけましょう。

よく、「ファンデーションはお肌に負担がかかるから日焼け止めだけにしています」という方がいらっしゃいますが、それ、逆です!

市販の日焼け止めは紫外線吸収剤が使われていることが多く、これは陽にあたると酸化して肌を刺激してしまいます。敏感肌の方はこのような日焼け止めをつけるなら、パウダーファンデーションをつけた方がシミになりにくくなります。パウダーファンデーションは紫外線散乱剤と似たような働きをしてくれるんです。紫外線散乱剤は肌の上で紫外線を反射させる物質。紫外線吸収剤と違い肌の上で化学反応を起こさないので肌に優しいです。その代わりメイク直しはこまめにして素肌が陽に直接当たらないようにしましょうね。

それから必要以上にSPFが高いものを付けたがる方もいらっしゃいますが、数値が高くなるほど肌への負担も大きくなります。日中2時間程度の外出ならSPF20くらいで十分。ただし、塗りむらがないように使用量をしっかり守ってくださいね。

ということでおすすめは

・SPF20程度の日焼け止めを付けて、パウダーファンデーションでメイク

・敏感肌の場合はパウダーファンデーションのみでメイク(さらに敏感な方は色のついていないルースパウダーでもOK)

オーガニックな日焼け止めなら敏感肌の方も安心してつけられると思いますので、ぜひご相談くださいませ。

わたしはジャネスのサンケアローション(日焼け止め)とアンネマリーボーリンドのホワイトフルイッド(美白美容液)とルースパウダーを使用しています。

 

ページトップへ戻る