トップ»ブリブログ»

輝く雪のような透明肌へ

輝く雪のような透明肌へ

事務所ルームの改造を計画中~ みなさま こんばんはconfident.gif

なぜ改造するのか??は近日中にお知らせしますね!

 

前回に引き続き紫外線対策のお話です。

みなさんはなぜ紫外線対策をされるのでしょうか?紫外線はお肌に良くないから?これ以上シミを増やしたくないから?毎年発売される美白美容液や日焼け止めをコスメカウンターで勧められたから?理由は様々でしょうね。

「色の白いは七難隠す」と言われているように日本人にとって色白は美人の象徴です。そんなDNAが「美白~美白~」と耳打ちして洗脳しているようにも思いますが、やっぱり白くて透明感のある肌に憧れますよね。

ではどうやったら白くて透明感のあるお肌になれるのでしょう?

まずはシミができる過程をご理解いただきたいと思います。

1.紫外線が表皮細胞にあたると肌内部を守ろうとしてシミのもととなる「メラノサイト」にメラニンをつくれ~と情報が伝わります

2.最初につくられる物質は「チロシン」というアミノ酸。そして次に「チロシナーゼ」という酸化酵素が働き始め、メラニン色素が出来ます

3.メラニン色素は表皮細胞へと徐々に上がっていき、ターンオーバーとともに角質まで上がっていきます

4.通常はターンオーバーが繰り返されこのメラニン色素も剥がれ落ちるのですが、なんらかの影響でメラノサイトの過剰な働きが収まらずメラニン色素が作られ続けると「シミ」として残ってしまします。年齢とともにターンオーバーが遅くなることでメラニン色素が残ってしまうこともあります

この過程を食い止めるにはどうすればいいのか?

1.は前回お話したように、ノンケミカルの日焼け止めとパウダーファンデーションで日中の紫外線からお肌を守り、メラニンをつくれ~という情報を伝えないようにする

2.は美白美容液で「チロシナーゼ」の働きを抑制させる

3.4.はたとえメラニン色素が角質まで到達してもターンオーバーで剥がれ落ちればいいのですから、ターンオーバーを促す角質ケアや肌再生を促す美容液やマスクで栄養を与えることが必要

となるわけです。

いままでお使いの美白ケアコスメも「なんのためのものなのか?」「これを使うことでどうなるのか?」「上記の1~4の過程のどこに働きかけているのか?」をよ~く知っておくと余計なコスメを使うことなく、本当に必要なコスメが見えてくるはずです。

わたしが考える美白への3ステップ★

『紫外線からお肌を守ること』『メラニン色素を増やさない事』『代謝機能をアップさせること』を実践できるホワイトニングフェイシャルは紫外線量が多い今の季節にピッタリですよ。

 

次回はホワイトニングフェイシャルでお使いするコスメたちをご紹介します。

 

ページトップへ戻る